カードローンの使い道

カードローンの使い道にはなにがあ

融資商品には大別すると、使い道が限定されている目的別ローンと使い道が限定されていないフリーローンがあります。

 

例えば、住宅を購入したい、自動車を購入したい、結婚式をあげたい、そのための資金が欲しいという方は目的別ローンを選択します。借りたお金はその目的以外の用途に使うことはできません。対して、特にこれと言った目的が決まっていない資金が欲しい方はフリーローンを選択します。
フリーローンと一口に言ってもいくつかの種類があるのですが、中でも主力商品として銀行カードローンがあります。カードローンは少ない金額からお金を借りることができる使途限定がない小口融資です。
使途限定がないということは、つまり借りたお金の使い道は自由ということになります。生活費、交通費、交際費、通信費、旅費、医療費など、どのような用途にも使用可能です。
ただし事業資金目的での使用は殆どのカードローンが禁止しているので、それ以外の自由な用途に使えると思っておきましょう。

 

さて、使い道の理由は自由ですが、審査に通過できない原因の一つとして使途目的があります。
審査時には借りたお金の使い道を尋ねられることがありますが、ここで生活費や家賃など回答すると厳しくなるでしょう。使途限定はないとはいえ、普段の生活に困っている素振りを見せては返済能力を疑われますし、また、目的がはっきりしている方が有利です。
それを踏まえて、使途目的を回答するようにしましょう。