審査が緩いカードローン

審査が緩いカードローンはどこか

カードローンの申込みをすると審査を受けますが、それに通過しなくてはお金を借りることができません。
審査は年齢、年収、職業、雇用形態、居住形態、借入状況、返済状況など色んな面をチェックされますが、基準は各社で異なるので何を満たしていれば審査に通過できるという保証はありません。審査基準を公開する義務、また、審査落ちの理由を伝える義務はないので、尋ねても教えてくれることはないでしょう。
そのため、自分の条件があまり良くないのなら審査の基準が緩い会社を選んで申し込む必要があります。

 

カードローンは銀行が提供する商品ですが、最近では消費者金融と提携していることも少なくありません。消費者金融は審査が緩いことで知られているので、カードローンを選ぶのなら消費者金融の保証を受けられるかという点に注目してみるといいでしょう。
また、一般的には金利が高いほど審査が緩く、金利が低いほど審査が厳しくなるとされているので、各社の実質年利からおおよその目処は着けることができます。後は口コミなどを参考に選んでみるしかありません。

 

できる対策としては、現在他社から借り入れを受けている人はそちらの利用情報が大きく審査に影響するので、借入件数によっては完済しておく又は解約してしまうのがおすすめです。借入れに関する情報を個人信用情報と言いますが、信用情報が返済の延滞などでブラックになっている人は審査に通過できない、もしくは厳しいと思った方がいいでしょう。