派遣社員の住宅ローン審査

派遣社員の住宅ローン審査

派遣社員は住宅ローンを組むのが難しいと昔から言われていますが、現在は派遣でもOKとしている金融機関も増えてきています。金融機関によって審査の基準は異なるので、派遣社員にも融資をしてくれる銀行を選ぶことが重要です。しかし、金利などの条件は厳しくなることもあるので、慎重に銀行選びをしなければなりません。頭金を多めに用意するといった工夫をすることで、良い条件で借りられる可能性が上がります。

 

まだまだ多くの銀行では、正社員に対象を限っているところもあります。しかし、派遣や契約社員、自営業の人でもOKの金融機関も増えています。代表的なのが、フラット35です。フラット35では、返済比率の条件さえ満たしていれば、雇用形態を特に限定してはいません。返済比率の条件を満たしていることが重要になりますので、頭金を多めに用意したり、他社からの借金はゼロにしておくといった工夫が必要になります。

 

住宅ローンは最大で35年まで借入期間を設定できますので、派遣の人はなるべく返済期間を長めに設定して、無理のないローンを組むことがおすすめです。ボーナスや退職金が出ないので、失業をしてしまったときのリスクは正社員よりも高めです。返済期間を長めに設定しても、後になって余裕ができたら繰り上げ返済をして返済期間を短縮することもできます。逆に、返済期間を延ばすことは難しいので、最初の段階で余裕のある返済プランを立てておくことが重要になります。